ワイヤー矯正イメージ

矯正歯科

  1. Home
  2. 矯正歯科・歯列矯正

目立ちにくい、
大人の歯列矯正

子どもの頃に歯並びを治さないまま大人になってしまい、今さら目立つ矯正器具を着けるのも… と、諦めてしまっている方はおられませんか?
歯並びや噛み合わせが悪いと、単に歯のことだけでなく、こころやからだ全体の健康に影響が出てくることもあります。

大阪デンタルクリニックでは、一番お安い治療プランでも、透明な見えにくい矯正装置を使用いたしますので、見た目を気にせず治療しやすくなっています。
矯正を始めるタイミングが分からずにためらっている方や、お一人で悩んでいる方がおられましたら、まずは一度お気軽にご相談にいらしてください。

当院の矯正歯科

ワイヤー矯正をしている女性

ワイヤー矯正とは、歯に取り付けた装置(ブラケット)を通したワイヤーの「引っ張る力」を利用して、徐々に歯を動かして歯列を整える矯正方法です。

もっともポピュラーで歴史も深い矯正方法で、マウスピース矯正などでは対応できない症例まで、幅広い不正咬合に対応することができます。

ワイヤー矯正には大きくわけて表側(唇側)に装置をつける方法と、裏側(舌側)に装置をつける方法があります。

また、装置(ブラケット)も金属製のものと、目立ちにくいセラミック・ジルコニア・ブラスチックなどでできた透明や白色のものとがあります。当院の表側矯正では透明な装置を使用いたします。

ワイヤー矯正の種類

当院では一番お安い治療プランでも、目立ちにくい透明な装置を使用いたします。
※写真はイメージです。
審美ブラケット(表側矯正)

審美ブラケット
(表側矯正)

金属製ではなく、セラミックやジルコニア・プラスチックでできた透明や白色の目立ちにくい装置(ブラケット)を用いた表側矯正です。

POINT
  • 表側矯正なので装置は見えるが目立たない
  • 金属アレルギーの方でも使用できる
  • 様々な種類の不正咬合に対応できる
  • 目立ちにくい透明なブラケットを使用
ハーフリンガル(上顎が裏側・下顎が表側矯正)

ハーフリンガル
(上顎が裏側・下顎が表側矯正)

目立ちやすい上の歯は裏側矯正にして、下の歯は舌が装置に触れる違和感やしゃべりにくさを避けて裏側矯正にする方法です。

POINT
  • 上の歯は裏側矯正なので目立ちにくい
  • 下の歯は表側矯正で発音がしやすい
  • 下顎なら表側矯正でもあまり目立たない
  • すべて裏側にするより費用を抑えられる
リンガルブラケット(裏側矯正)

リンガルブラケット
(裏側矯正)

歯の表側ではなく裏側に装置を取り付けるため気づかれにくい方法です。歯の表面を傷つけないメリットもございます。

POINT
  • 歯の裏側に装着するので表から見えない
  • 周囲に気づかれにくく社会人におすすめ
  • 表側矯正よりも費用がかかる
  • 舌が装置に触れてしまうため違和感がある

インビザライン
(マウスピース矯正)

インビザライン (マウスピース矯正) アライナー

従来のワイヤーやブラケットではなく、透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置を使用して歯列を整える矯正方法です。薄く透明度の高い装置なので、ほとんど矯正していることに気づかれにくく、違和感や不快感も抑えることができます。

POINT
  • 周囲に矯正を気づかれにくく、人と接する機会が多い人でも治療しやすい。
  • 取り外しできるので、お手入れしやすく衛生的。
  • 金属を使わないので、金属アレルギーをお持ちの方でも治療できる。
  • 比較的、痛みや不快感や口内炎になる恐れをおさえることができる。

その他の治療方法

マウスピース矯正

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットを使わず、透明なマウスピース型の装置を装着して歯を徐々に移動させていく矯正方法です。
対応できない症例もありますが、見た目が矯正していることにほとんど気付かれず、お手入れも簡単な治療法です。

セラミック矯正

セラミック矯正

歯を移動させるのではなく、歯を少しだけ削りセラミックの人工歯を被せて歯列をきれいに整える治療方法です。
最短5回程度の通院で治療が終わるので、すぐに治したい方や他の矯正治療を続ける自信がない方におすすめです。

一般診療・予防歯科

一般診療・予防歯科

矯正治療の前に必要であれば虫歯や歯周病の治療も行います。
また、矯正装置のまわりは歯磨きもしにくく汚れがたまりやすいため、虫歯や歯肉炎になりやすくなります。しっかりと予防を行いましょう。詳しくは公式サイトをご覧ください。

歯並びや噛み合わせが悪いと?

歯並びや噛み合わせの悪さは、見た目だけの問題ではありません。こころとからだの様々な疾患と関係しているのです。
不正咬合を改善して健康な状態にすることはもちろん、歯並びや噛み合わせが悪くならないよう予防することも、矯正歯科の大切なポイントです

こころの問題

デコボコの歯並びが気になって、つい笑う時に口元を手で隠してしまう。前歯が出ていて横顔のラインなどがコンプレックスで自信が持てない。気づけばオドオドして気分が沈んでしまい、うまくコミュニケーションがとれない。

歯並びや噛み合わせは、患者様お一人お一人の気持ちとも密接に関係しています。矯正治療は、そんな患者様たちに自分らしい明るい笑顔を手に入れてもらい、心を前向きにさせる力もあります。

勇気を出して矯正治療を始めてみませんか?

歯とお口の問題

歯並びが悪いと、歯磨きがしにくいため虫歯や歯周病になりやすかったり、口がうまく閉じれず口腔内が乾燥したり、咀しゃくや飲み込みの機能が低下したり、特定の音が発音しにくかったりと、様々な歯やお口の問題を引き起こすことがあります。

もちろん日々のケアや予防が大前提ですが、歯列や噛み合わせを整えることでお口の疾患をおさえ、ひいては自分の歯をより長く失わずに保つことにつながっていきます。

からだの問題

歯並びや噛み合わせの疾患は、歯や口だけではなく全身に悪影響を与えます。

例えば顎関節症の要因となって、口が開けづらくなったり、肩こりや首の痛みを引き起こしたりします。また、いびきや歯ぎしり、体が歪むことから腰痛などの原因になったり、なかには視力が低下したり小児喘息になるといった報告もあったりします。

要因は複数ある場合も多いので、歯列矯正だけでそれらの症状が解決するとは限りませんが、お悩みの際には一度ご相談ください。